header_seminar-01

プロフェッショナルコース開催レポート「第6回 伝える 巻き込む力」(2017/6/17-18)

2017年6月17日(土)-18(日)に。「第6回 伝える 巻き込む力」を緑に囲まれた三田で合宿しながら開催いたしました。

  • 伝える 巻き込むにはどうしていくか?
  • 伝えたいことを問いかけで組み立てるには?
  • 巻き込むための6つの工夫とは?
  • 相手を観察して修正するには?
  • 伝えたいことを見える化するには?

等をディスカッションしながら、伝えたいことを問いかけや工夫で見える化し、効果的に伝えるプレゼンテーションとフィードバックをしながら、自らの課題を明確化しました。

1日目は、ぎこちない点もありましたが、2日目には、伝えたいことのポイントを見える化したり、相手を観察しながら修正することで、劇的にうまくなる体験をしていただきました。

受講者が直面する課題は、バーベキュー、温泉で、ゆったりし、飲み明かしながら語り合いました。

受講者の声

  • 「伝えたい思いが、言葉ばかり増えてかえって伝わらない…」
  • 「伝えることでいっぱいいっぱい…!」
  • 「やってもらいたいことが伝わらない…」

という1日目から、2日目には

  • 「こんなにシンプルにしたら伝わるんだ!」
  • 「見える化するとすごい!!」
  • 「相手の反応を観察しながら伝えると、伝わった手ごたえを感じるから、安心!」
  • 「相手の立場に立った伝え方ってあるんだ!」

と変化の手ごたえをつかんだようでした。

次回、7月のプロフェッショナルコースは、自らのゴールへの障害やプロジェクトでおこる問題を、問題解決会議を体験しながら解決していきます。

プロフェッショナルコースのご紹介ページはこちらをご覧ください。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ