header_seminar-01

Directorsプロフェッショナルコース2016開催レポート

professional-course2016-1「こんなに長い時間を掛けて、人生を共有した仲間ができたことが、このコースに参加して一番感謝なことです。」

これが9ヶ月間のDPCコースに参加した、妻の修了式での感謝の言葉であると共に、7名の受講生みんなの共通の言葉でもありました。

夫としてもSDとしても、「仲間ができた。」ことは、彼女にとって生涯の宝を得たことになったので本当にありがたく感謝でした。

もちろん、私たち夫婦は、大変恵まれた人生を過ごして来ています。あまり具体的には言えませんが、人生で最も辛い時に、共に涙を流し、心の痛みを共有してくれた友やメンターの方々。

44歳で独立して、経済的に厳しい時に、具体的に高額のサポートをしてくれた恩人の方々。

私が、現在の仕事ができるようにご指導いただいた師匠やビジネスメンターの方々。

どんな時もまさに人生を共に歩んでくれた子どもたちと同居している両親家族。本当に多くの方々のお陰で今の私たちがあります。

そして、今回のコースでは、妻は受講生という立場で、私はSDという立場で「新しい最高の仲間」を得ることができました。

「なぜ、そうなったのでしょうか?」と振り返ると、3つのプロセスを共有したからだと思わされています。

professional-course2016-2①使命を見出し共有するプロセス
「私の使命は何ですか?」「私は何者ですか?」

②プロフェッショナルになるためのプロセス
「私は誰に仕えますか?喜んでいただきますか?」
「私が提供できるサービスは何ですか?どう行動しますか?」

③チームで貢献するプロセス
「私は誰とチームになりますか?」
「私の役割と責任は何ですか?」
「私たちは何のためのチームですか?」

こうして振り返ってみると、上記の3つのことは、「永続的に豊かで充実した人生」であるために欠かせない3つのことでもあると思わされています。

そして、この3つのプロセスからズレないように、日々問い続けることが「使命に生きる人生」には、欠かせいないことであると学ばされています。

私たち夫婦は、これからも素晴らしい仲間たちと共に、与えられた人生で使命を果たし終えるまで問い続け、すべてを導いて下さる神に聴き続けて歩んでいきます。感謝!

professional-course2016-5 professional-course2016-4 professional-course2016-3 professional-course2016-6 professional-course2016-7 professional-course2016-8

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ