header_seminar-01

使命経営のススメ(第1回)「経営者の悩み 使命経営が解決の鍵」

経営者に悩みは尽きないものです。

  • 売上、利益をどうやって作っていけばいいのか?
  • ここまでなんとかやってきたけど、今後の成長は、見込めるのか?
  • これからも伸ばせるのか?
  • 10年後に生き残っていられるのか?
  • 少子高齢化で市場は縮小するし、AIの活用で、仕事がなくなるのではないか?
  • 繁忙期に合わせて人員、設備を整えてきたけど、これからも雇用を維持していけるのか?
  • うちの理念、ビジョン、経営方針で本当にいいのか?

などの悩みが尽きないものです。

第1回目は、このような悩みの原因について見ていきます。

悩みが尽きない原因

悩みが尽きない原因に、

  • 経営者として、会社としてのブレない軸、使命が持てていないこと

があります。そのため、

  • 今後の方向性が見えない、わからない
  • 今後の進むべき道を具体的に計画として社内外に示せない
  • アクションがとれないから結果がでないし、焦る
  • 周囲と比較してしまう
  • 周囲のアドバイスで自分を見失ってしまう

このような状態でいると、不安や心配ばかりが募り、経営者としての発言や行動にブレが生じ、従業員や周りの協力者からも信頼されなくなってしまいます。

信頼されなくなると、ともに歩んでくれる協力者、パートナーが少なくなってくる。
そうなると、経営者としてできることがどんどん小さくなってくる。

経営者には、本音や弱音を、相談できる相手はなかなかいないし、実際に、答えがなくなってくる。

時には、経営している自分に、自信がなくなってしまうこともあるかもしれません。

そして、また同じ悩みが出てくる。

名経営者を見て、うまくいっていていいな…よくもこうブレずにやっていけるな…と感心することはあっても、原因が自分の行動にあることに気づかず、部下や社員のせいにしてしまう。

そして、自分も周囲も苦しい悪循環となるのです。
特に、業績が悪くなったり、良くない出来事が重なると、さらにはまってしまうものです。

悩みの解決の鍵

そんなあなたの悩みの解決の鍵が「使命経営」です。

使命とは、あなたの命の使い方
経営とは、天の計画を営むこと

経営者である、あなたが、自らの使命、役割を知り、
経営を1つ上の視点から見ることで、今後の方向性、あなたでしかできないこと、
あなたの会社がやるべきことが見えてきます。

売上、利益をどうしよう・・・
雇用を維持できるか・・・
我が社はどうなるのか・・・

という自己中心の視点ではなく、
本来の、あなたの役割、使命を知り、あなたの会社は何をなしていくべきなのか?

どう世の中に貢献していくのか?

1つ上の視点から見た時に、方向性、答えは明確に示されています。

また、使命経営は、世の中に必要とされることであり、実践することで、社員や取引先、顧客からも応援され、追求すればするほど応援者や顧客が増えていき、

おたくがないと困るよ!
ありがとう!と感謝され

その結果として売上や利益が増えていくことも期待できます。

使命経営に進めば進むほど、あなたは必要とされ、自らの役割、使命に邁進できるようになり、あなたの関わる分野や業界、世の中に対しても大きな変革をもたらすでしょう。

あなたに与えられている分野、業界において、必要とされる存在に、これからの世の中にとってなくてはならない存在になってほしい。

これから、「使命経営のススメ」として、

  • 使命経営とは何か?
  • 使命経営を実践することのメリットや効果
  • 使命経営と利益経営の違い、事例
  • 使命経営と自己中心的な理念経営との違い、事例
  • 自らの使命と使命経営の方向性の見つけ方
  • 使命経営の5つの原則
  • 使命経営の具体的な取り組み方など

をお伝えしていきますので、お楽しみに!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ